Mikado | Moriya Belt Produce

Mikado | Moriya Belt Produce

日本最高の称号「帝MIKADO」
その高貴な世界観。

その優雅で、気品と知性の溢れる究極の揺るぎない美の世界。
日本古来から伝承される、真に最高の拘りの職人の技、
ジャパニーズクラフツマンシップと、「粋、わび、さび」
日本人特有の美意識から生まれる、
ジャパニーズモダン。
その融合から生まれる「ハイエンド」な、技術とセンスの揺るぎない存在感。

「MIKADO」は、厳選された最高の素材を使い、
日本の「巧」「技」「極」をコンセプトに、
最高の技術で、日本の美を追求した「高貴なもの」をイメージし、
真摯に追求し、気品溢れる究極の拘りの最高峰の
レザープロダクトを提案します。

40代からのゆとりのある、お洒落を楽しみ、
特別な価値感、質実の拘りを分かり大切に考える、
違いの分かるハイエンドなユーザーに向けた、特別感、良質感を
極めたレザープロダクトを提案致します。

金具鋳造 Bracket Casting

俊敏なリズム感のある身のこなし、無駄が無くテンポの良い熟練の職人技で、流れる様に進む鋳造の工程、砂型の型込め、鋳造油注ぎ、型のばらし、湯口けずり。
熟練の技、永年の勘から創り出される拘りの完成度の高い美しい鋳造技術の結晶、逸品達。
耐久性があり鋳造の精度が落ちない真鍮型に拘り、良質なものを作る為に、材料に含まれる不純物を取り除く分離剤に拘り、真鍮砂型に使用する砂は定期的に撹拌し粒子を細かくする。
この工程ごとに精度を極めた拘りの鋳造技術から、より完成度の高い、美しい最高の金具達を造り出しています。
匠

縫製・製造 Sewing Production

ベルトをより美しく見せる為に、熟練の職人の拘りの技、様々な技術、加工を施しています。
フェザータイプ合わせものは、表革、芯材、裏革の三枚を貼り合わせ、両端を薄く漉きデザインの形状、表情を表現します。表革、裏革の漉き幅、角度を微妙に調整して、ファッション性の高いデザイン形状の表現に加工していきます。コバ仕上げでは、面取り加工後、さらに丸味を出す為に、何種ものペパヤスリで革の繊維質を整え、滑らかにする磨き加工に入ります。より滑らかなコバを出す為には、磨き加工と染色を数回、繰り返します。
特にこの工程では丹念に時間を掛けて、美しいエレガントな完成度の高いベルトに仕上げます。
美
  • MK-770016
  • MK-725015
  • MK-参考サンプル
  • MK-820016
  • MK-818016
  • MK-816026
  • MK-816016
  • MKW735016 etc
  • MKW648015 etc
  • MKW232015 etc
  • MKS-参考サンプル
MK-770016
クロコダイルベルト
パプアニューギニア産のラージクロコを使用。
その素材にグレージング加工を施すことで本来のクロコダイルの美しい班模様をよりいっそう引き出した仕上げにしています。また、ベルトの幅を33mm幅にすることで班模様をしっかり表現し、上質で贅沢なクロコダイルとしての素材をベルトにおいて、存分に堪能できるものに仕立て上げています。
裏の革にはヨーロッパ産の上質なヌメ革を使用し、その革にもまた、グレージング加工を施し、高級感、上質感を演出しています。ヌメ革ですのでお使いいただくことで、ベルトにおいても<カット味わい深い色合いに変化し、愛着がもて、そして長くお使いいただけるオンリーワンの物へとなりえるベルトです。
バックルは日本で昔ながらの砂型鋳造の手法を用いた真鍮鋳物を採用しています。
メッキは薄金仕上げにし、ラグジェアリーな雰囲気を醸し出しています。
Col#1:クロ Col#2:チョコ Col#3:ネイビー
PREV
NEXT
MK-725015
リザードベルト
中南米のリザード革を使用し、独自の鱗のほか体全体にその独特な斑紋・模様を有しています。鞣し、仕上げはこの特徴のある斑紋を生かしています。
裏素材にはベルギーショルダーの牛革を贅沢に使用しネイビーやレッドをアクセントカラーとしています。
幅は35mmでリザードの革の表情を存分に感じられるようなベルトとなっています。
バックルはイタリア製の真鍮鋳物を使用しており、スタイリッシュな仕上がりになっています。
Col#1:クロ Col#2:チョコ
PREV
NEXT
MK-参考サンプル
イタリアンレザーアドバン
スクエアBKロジウムメッキ
Refarence Product&Color 参考カラー&サンプル
PREV
NEXT
MK-820016
リヤード(イタリア)
厳選されたスロベニア産の原皮を使用し、イタリアで鞣し、染色し、その革にWAX、アニリン仕上げを施し、ドレッシーな仕上げになっています。ボックスカーフとしては珍しく、使い込むほどに艶が上がっていく革です。
バックルはロジウムメッキを採用し、シンプルながら高級感漂うベルトに仕上がっています。
Col#1:クロ Col#2:チョコ Col#3:ネイビー
PREV
NEXT
MK-818016
ノブレッサカーフ(ドイツ)
上質な原料と伝統の技術力で鞣した最上の革に型押しを施したカーフスキンです。
この素材はコシがあり、型崩れしにくく、またキズや汚れに対する耐久性も兼ね備えています。バックルとループ部分はロジウムメッキの真鍮鋳物を採用しています。
バックルは真鍮鋳物ならでは曲線美が生かされ、上品な雰囲気に仕上がっています。
Refarence Product&Color 参考カラー&サンプル
PREV
NEXT
MK-816026
ドラーロ(イタリア)
イタリアのワルピエ社のブッテーロレザーに型押しを施し、更に手染め加工をし、
最終グレージング加工で上品に仕上げた革です。
バックルは日本で昔ながらの砂型鋳造の手法を用いた真鍮鋳物を採用しています。
メッキはせずに真鍮の地の色生かし、そこに透明な塗装を施した仕上げにしています。真鍮鋳物の良さを感じつつ、モダンなテイストに表現されています。
Col#1:クロ Col#2:チョコ Col#3:ネイビー Col#4:ワイン
PREV
NEXT
MK-816016
ルガード
フランスの厳選した原皮を使用。シワ模様のトラをきれいに生かしているのが特徴。
染料仕上げできめ細やかで艶やかな仕上がりになっています。
生産過程でたっぷり加脂しているので使い込むとエイジングし、独特の味わいが増します。
ベルト帯デザインとしてはWステッチを施し、スタイリッシュに仕上げています。
ベルトのバックルとしては珍しいピンクゴールドメッキを採用し、ドレッシーな雰囲気をよりいっそう高めています。
ピンクゴールドは日本人の肌に合うものとされています。
Col#1:クロ Col#2:ネイビー Col#3:オレンジ Col#4:グリーン
PREV
NEXT
ワープロラックス
ドイツの「ワインハイム社」のワープロラックスを使用。
表面に型押し加工を施したクローム鞣しのカーフレザー(生後6ヶ月以内の仔牛)でソフトな感触でありながらも独特のコシがある他、型押し加工により傷がつきにくい上、発色が良く、色落ちがしにくいことが大きな特徴です。

作りは日本の熟練した職人による高い技術によって作られています。
このシリーズは薄づくりに仕上げているのが特徴です。

1.一つは長札入れ、名刺入れに採用している渡りマチと言われる仕様。
マチ部分の通常、内側に折れる部分がなく、外側にあります。
そうすることで札などが内側の折れているマチ部分にあたらず、スムーズに出し入れができます。
さらにマチの部分を半分に減らし、縫製することで薄さをも同時に実現しています。

2.カード段がジグザグ仕様でそれぞれ片側のみ縫製した仕様。
そうすることにより、カード類の出し入れがスムーズにできるものとなります。
片側を左右対称に縫製する技術も日本ならでわです。機能だけではなく、見た目もモダンなテイストで仕上がっています。
Col: クロ、チョコ、インクブルー、スカイブルー、トーブ 5色展開
MKW735016 渡りマチ束入れ、MKW730016 札入、MKW727016 純札入、MKW720016 渡りマチ名刺入れ、MKW715016 BOX小銭入れ
PREV
NEXT
コードバン
コードバンとは馬の尻部からとれる原皮をタンニンで1ヶ月鞣した革です。その皮の裏側を(肉側)を削り込み、極めて緻密なコードバン層を残します。
その面を磨き上げて表面に仕上げた革がコードバン革になります。
革質はしなやかで極めて強靭であり、肌目が細かく、美しく高級感ある溢れる革です。 仕上げは水染めといわれる、染料とワックスを施し、染め上げた仕上げです。長い時間と労力をかけて職人が1枚1枚丁寧に仕上げています。
艶も落ち着いた印象の光沢感と色目が特徴で使い込むほどに艶が増し、宝石のような透明感とに溢れた美しい光沢と色の奥深さを表現しています。

中の素材は国産の革に型押し加工をしたものを使用しています。
表革のスムースのツヤのコードバンとの表情のコントラストを表現し、それぞれの素材の良さがより感じられるように仕上げています。
中の仕様はカード段を切れ目仕様にし、カード段の厚みを薄くする工夫をしております。他のシリーズ同様、コードバンのシリーズも薄づくりにし、シンプルながらドレッシーでスタイリッシュなデザインに仕上げています。
Col: クロ、チョコ、ネイビー
MKW648015 薄マチ束入れ、MKW638025 札入、MKW636015 純札、MKW625015 名刺入、MKW620015 BOX小銭入れ、MKW620025 馬蹄小銭入れ
PREV
NEXT
シャトーブリアン
1948年にフランスで創業した、世界最高峰のカーフ専門のタンナーです。
フランス中心にヨーロッパ産の厳選された最高品質の原皮を使用し、独自のクロームなめし製法や染色技術による独特のしなやかなコシと繊細なキメの細やかさ、発色の良さが特徴です。シャトーブリアンは生後3~6ヵ月の仔牛の原皮を使用しているので繊維が密で型崩れしづらいソフト革です。また、良質な染料で丁寧に仕上げ(セミアニリン仕上げ)していますので表面の劣化も少ないです。

作りは日本の熟練した職人による高い技術によって作られています。
このシリーズは薄づくりに仕上げているのが特徴です。

1.一つは長札入れ、名刺入れに採用している渡りマチと言われる仕様。
マチ部分の通常、内側に折れる部分がなく、外側にあります。
そうすることで札などが内側の折れているマチ部分にあたらず、スムーズに出し入れができます。
さらにマチの部分を半分に減らし、縫製することで薄さをも同時に実現しています。

2.カード段がジグザグ仕様でそれぞれ片側のみ縫製した仕様。
そうすることにより、カード類の出し入れがスムーズにできるものとなります。
片側を左右対称に縫製する技術も日本ならでわです。機能だけではなく、見た目もモダンなテイストで仕上がっています。
Col: クロ、コン 2色展開
MKW232015 渡りマチ束入、MKW228015 札入、MKW225015 純札、MKW218015 渡りマチ名刺入、MKW215015 BOX小銭入れ
PREV
NEXT
MKS-参考サンプル
コードバンエンボスシリーズ
イタリア産、コードバン。
Refarence Product&Color 参考カラー&サンプル
PREV
  • Art Director:
    Hiroyuki Suzuki(w3.dpi.,inc)
  • Web Design:
    Noboru Kuhara(The Up!)
  • Photographer:
    Hiroshi Seo
  • Special thanks to
  • Art Works:
    Len Makabe